男の自信を蘇らせる包茎治療

Posted by admin

男性同士の会話でもあまり上ることがない包茎の悩みですが、実は日本人の7割が包茎だと言われています。
3人中2人以上が包茎と言う計算になるのでかなりの割合ですが、その程度はまちまちです。
包茎には3種類があり、仮性包茎、カントン包茎、真性包茎に分けられます。
カントン包茎と真性包茎はとくに治療の必要性が高い包茎なので出来るだけ早く病院に相談をしたほうが良いでしょう。
問題なのが仮性包茎です。
仮性包茎は、自分で簡単に亀頭を露出することができる包茎です。
しかしながら程度は幅広く、軽度の人であれば勃起すれば通常のペニスになりますが、重度になると勃起しても包皮がペニスを覆ったままになるでしょう。
仮性包茎の問題点として、見た目のコンプレックスと不衛生であることが上げられます。
不衛生と言うことに関しては、包皮に覆われているためカスが溜まり易く雑菌が繁殖しやすくなります。
場合によっては感染症になることもありますし、悪臭を放つことが多くなります。
女性にはこのにおいを嫌う人が多いので気をつけるべきでしょう。
もうひとつのコンプレックスはより深刻かもしれません。
悪臭などもそうですが、包茎であることを必要以上に恥ずかしいことと感じることがあります。
人に知られることはもちろん、見られることも嫌います。
そのため自分に自信が持てず、好きな人にアプローチできないこともあります。
包茎治療により、包茎が治るとこうした悩みは全て吹き飛びます。
男性の自身を蘇らせる点が仮性包茎の治療の最大のメリットかもしれません。