子供の包茎治療

Posted by admin

包茎治療と言えば、成人男性の悩みと受け止められがちですが、子供の場合も包茎治療を受ける事があります。
10歳程度までは包茎であったとしても大丈夫との事が言われていますが、息子の場合、小さい頃から亀頭を露出させようとしても、皮が剥けず、亀頭がまったく見えないという状態にあり、尿をする場合にもちゃんと尿が前に飛ばないというような状態でした。
包茎についてあまり知識がなかったのですが、小学生になりよくトイレに行った際に失敗してズボンをぬらしてくるという事がありました。
そんな事があってからはじめて、息子には包茎治療が必要なのだという事を知り、いろいろと包茎治療をしてくれるクリニックを探したのでした。
小さい頃から包茎であった事から菌がたまりやすく痛いという事もあったので、泌尿器科に見てもらい、包茎治療について相談しました。
包茎の場合、大人になってから自分でというのはなかなか難しいものだと思うので、小さい頃のうちに親が気がついてやってあげる事は必要だと思います。