包茎を治療してコンプレックスを解消しよう

Posted by admin

日本男性の6割から7割が包茎だと言われていますから、自分が包茎であっても特に問題無いと考えている人も多いかもしれません。
たしかに、医学的に問題がある真性包茎やカントン包茎と違って、仮性包茎の場合は生活において特に問題となることはありません。
そもそも、仮性包茎は手術に保険が適用されないことから考えても病気ではないということは明白であり、このことからも「このままでも良いか・・・」と考える人がいても不思議ではありません。
しかし一方で、たとえ仮性包茎であってもできることなら手術を受けて包茎を治療してしまいたいと考えている男性も多くいます。
なぜなら包茎であることで様々なデメリットがあるからであり、包茎を治療することで得られるメリットがいろいろとあるからです。
まず大きいのが見た目の違いです。
温泉や銭湯などに行ったとき、包茎だとどうしても人に見られたくないという意識が働いて、前を隠す人が多いでしょう。
また、女性に対しても包茎ということで自信が持てないという人も多いと思います。
包茎は衛生面でも問題があります。
亀頭が露出しないことで内部に恥垢が溜まりやすくなり、そこから雑菌が繁殖して炎症を起こしたり、ニオイが発生したりすることがあります。
さらに、性行為においても包茎だと刺激に弱いことから早漏になりがちで、女性を満足させることができないという欠点もあります。
しかし、包茎治療をすることでこういった様々な問題点を解消することができるのです。