包茎治療は保険が効くのか?

Posted by admin

包茎治療をしたいと思った時にネックに感じるのは費用面もあるという本音がある人が多いのですが、費用面は仮性包茎の手術の場合、大体10万ちょっとという金額になるところが多く、真性包茎やカントン包茎の場合は20万ぐらいかかるところが多いです。
この金額は目安として一例を紹介していますが、一気にすんなり出せる金額ではない範囲になってしまうことでしょう。
このぐらい金額がかかってしまうと正直なところ「保険適用はしてもらえないのだろうか」という風に考えてしまいます。
包茎手術に関して、一部の包茎の人は保険適用が可能になるのです。
その包茎の種類は真性包茎やカントン包茎の人になります。
理由としてはカントン包茎や真性包茎の場合、生活面で問題が出てしまうことがあるからです。
なので保険が適用になるのですが、
この場合、手術は泌尿器科での手術になります。
費用も2万とか3万ぐらいで手術してもらえる状況です。
ちなみに仮性包茎の場合は、勃起時に特に問題が起きるわけではありませんし、仮性包茎の手術は審美的な見た目の扱いになりますので保険が効きません。
ですが、基本的にはどの種類の包茎の人でも美容外科などで手術をしてもらったほうが良いケースが多いです。
泌尿器科での手術の場合、勃起しても大丈夫なように応急処置程度の切れ目を入れる程度になりますので見た目にはしっかりと改善できない場合が多くなります。
一方、保険適用の金額ではないですが、美容外科などで手術をお願いしたほうが見た目にも自然に仕上がる手術をしてもらえるので最終的に考えると美容整形外科での包茎手術をしたほうが確実だという意見も多いです。
包茎だった人の中には真性包茎の人が最初、保険で手術をしたけど、見た目にはしっかりと満足のいく結果にならなかったので結局後で美容外科で手術をしたという一例もありますので包茎手術に関しては保険が効くかどうかは深く考えないほうが良いとも言えます。